ECCの英会話。自宅で1日たった7分で、英語が話せる

病気にならないように

一番の心配は、体調を崩して、せっかくの日本の滞在を

 

ほとんどベッドの中で過ごさなくてはいけなくなることです。

 

 

様子がおかしいな・・・という時は

 

自分のお子さんにするのと同じです。

 

横になってもらって、熱を計りましょう。

 

 

それ次第では、病院に行ったほうがいいかもしれません。

 

 

ホストファミリーが言葉に不安なら、前もって、

 

外国人の方がかかりやすい病院を見つけておくと

 

いいかもしれません。

 

 

また、ホームステイのプログラムの担当の方に

 

相談するのもいいでしょう。

 

 

よく効くからと言って、自分の判断で、常備薬を

 

飲ませることは控えてください。

 

アレルギーなどの心配があります。

 

 

17歳のオーストラリア人の青年が2泊のホームステイをしたとき。

 

到着したときから、声ががらがらで、調子が悪そうでした。

 

それでも、地元の子供たちとの交流会に参加して、

 

元気な日本の男の子たちの相手をしてくれました。

 

 

終わった後、

 

今一番したいことは?とたずねると、

 

I wanna sleep. 眠りたい・・・

 

と、申し訳なさそうに言いました。

 

 

私は彼に、明日はゆっくりしていていいよと、言ってあげました。

 

次の日、眠りたいだけ眠らせてあげました。

 

昼の11時ぐらいまで寝ていました。

 

 

ホームステイのプログラムで忙しいときは

 

無理をさせないで、ゆっくりさせてあげてください。

 

 

健康を損ねると

 

同時にホームシックになることが多いものです。

 

病気になって、これ以上プログラムを続けられなくなり、

 

ステイを中断して帰国ということもあります。

 

 

手洗い・うがい、睡眠、食事、温度調節・・・

 

 

長いステイの場合は、退屈そうにしていても、

 

体を休める日は必要です。


 

 

満足度95.2%! 中学英語で外国人と会話ができる!

 

 

 

病気にならないように関連ページ

貴重品の管理
お手伝い
ホームシック