ECCの英会話。自宅で1日たった7分で、英語が話せる

見せる 触らせる

電子辞書はとても便利なんですけど、

 

いざ、言葉を引いてみると、たくさんの英語が出てきて、

 

どれのことか判断ができなかったり、

 

発音がわからなかったりということもあります。

 

また、発音がわかって、しゃべってみても

 

なんだか伝わらないようす・・・

 

 

そんなときは、

 

外国人の方の腕をつかんで、連れて行って

 

そのものをみせましょう。

 

 

時間は、腕時計を指差して、数字を言えば、何時のことかわかります。

 

It で始めなきゃとか、

 

そんな堅苦しいことを考えることはありません。

 

 

Like this! 「こんなふうに」 Try! 「やってみて」

 

自分がやり方を示して、それをやってもらいましょう。

 

お箸の使い方、洗濯機やエアコン、テレビのリモコンの操作 などなど

 

 

こんな簡単な英語でたくさんのことを教えることができます。

 

 

私の家は中古住宅の古い家で、電気製品を使いすぎると

 

すぐにブレーカーどころかヒューズが切れてしまいます。

 

ヒューズが飛んでしまうと、直すのに一苦労だし、

 

夜だと、暗い中やらなくてはならないので、心配していました。

 

 

韓国人の髪の毛の長い女性がステイしていた時のことです。

 

ドライヤーを持って風呂場に行ったので、

 

私はあわてて、呼び止めて、

 

ブレーカーのところに連れて行って、

 

目の前で落として、部屋を暗くして見せ、

 

「Please tell me before (using) hair dryer」

 

と言うと、ちょっと不安そうにしていましたが・・・

 

 

その次の日、ドライヤーを使う前

 

彼女は、ドライヤーを私に見せて

 

OK? 

 

とたずねてきました。

 

 

通じたようですね。


 

 

満足度95.2%! 中学英語で外国人と会話ができる!